近くのホールで4月頭に大規模な新台入れ換えが行われた。
入れ換え直後は長蛇の列の並びの日々が続いていたのだがようやく落ち着いてきた模様。

その店舗は30πの沖スロを大量導入したのです。沖ドキはたまーに打つ事はあるが初めてハナハナ鳳凰を打ちました。

というのもかなり出ているのです。過去データから1列に2,3台は4000枚オーバーで7000枚なんてのも、2000枚クラスはワンちゃんどの台もあるかんじです。

昼過ぎに行ったのですが流石にまだ活気はあり空き台もチラホラ程度。

空いてるのおおはまりの台ばかりで出ている台のスランプグラフとはあからさまに違う。

狙いは中間設定あるであろう台の誤爆?というかスランプグラフでジグザグになってる下限で拾い上限で止める。朝一からではないので設定狙いは無理だから。


ちょうどいい台が空いた。

朝一から6連150gほどで引き戻しさらに4連。
一気に1500枚出ていてそこから400位の嵌まり2回で一気にマイナス域に···

この台B7R3で座った時の確率は170分の1位だが前半は圧倒的な確率で多分1/70位だと思います。低設定ならそのまま沈んでいくのだろうが中間以上でないと6連チャンからの4連もしないのではないか?と思い4位あるかな?って期待して打ち始める。220Gからスタートで投資6000円432Gで待望のチかり。

その後50G以内でBIGばかり6連、合計7回目のBIG終了後···

フリーズ!!!

恩恵はBIGだけ···

しかしその後ぶっ壊れたように連チャンが止まらない。

200G付近で引き戻しては4~7連を繰り返す。

気づけば合算確率1/98に!!!


恐るべし鳳凰。

因みに隣の台は朝から454R627Rで370Gまで回されてました。合算1/730ほどでした。

恐るべし鳳凰!!!





IMG_20190418_195958


投資6000円
回収85000円

79000円の勝ち