スロットおやじ打ち

借金カテにて本ブログ運営しておりサブのブログとしてスロット中心に記事をアップします。



久々の実践報告。


あからさまに低設定の絆を打つ、もちろん一発BTで1000枚程度出たら即やめのつもり。

他に打てそうなのがなかったというかいつもの適当な台選びです。


案の定というか全くもってBTに入る気配なくBC7回スカ···

2スルーの状態からうち始めたがのですが軽いBCも幾度となくあり投資22000円で8回目のBC(自分では6回目)でようやくBT当選。

よくある嵌まって単発のパターンに思われたが

まだです!朧の復活で助かったと···
普通に継続かと思いきやBC。


思いあたるのは共通ベルくらいです、絆高確ではない状態なのでラッキーでした。


先に結果を書きますがこのBCがなければ恐らく130枚程度で終わってたと思われるのですがBC中の弱チェからのフリーズで流れが変わり4000枚を吐き出した。

メインブログに枚数画像貼ってます。

この時の実践時の心の状態は嵌まって意気消沈、単発と思いボー然からのフリーズで歓喜!


見事なまでの逆襲、これだから依存してしまうのだろう····

フリーズでもすぐ終わる事も多々あるので4000枚ってかなり頑張った方だと思います。



共通ベルでBCゲットは1つ目、BC中の弱チェフリーズが2つ目、80%継続がかなり頑張ったのが3つ目。3つの奇跡が重なっての4000枚であろう···
どれか1つでは1000枚も遠い壁だったと思います。


862174b9








このブログ自体はスロットメインに記事にしておりますので勝った時の記事が圧倒的に多いし、これからもそうなるでしょう。

負けた時の記事は基本メインブログに書いてます。



嫁に内緒で無職始めました



基本的にに少額の負けの時はそれなりに紆余曲折があり格闘ぶりを記事にできますが、ぼるポの場合はストレートに負ける時は10万オーバーもよくあります。有り金全部はたく勢いで打ってますので。


それではいけないですよね。


負けてる時に何を思って打っているか、負けてる金額によっての変遷を記載しときます。


2~3万 負け とにかく先ずはトントンを目指そう、まだまだここから
4~6万 負け 取り敢えず2000枚取れれば繋ぐ事ができプラス復帰もあるはず
6~8万 負け 1000枚でいいから・・・
8~10万負け 次の当たりで辞めよう・・・
10以上 負け 無心・・・

上記のような感情で打っているわけですが仮に7万ほど負けてて1000枚ほど出てもそこで又心理状況が変わってしまうのです、あと1000枚って感じで。

なのでぼるポの場合大きく勝つか大きく負けるかのどちらかしかない。

こういった感情のコントロールは常勝スロッターはどうしてるのでしょうか?





近くのホールで4月頭に大規模な新台入れ換えが行われた。
入れ換え直後は長蛇の列の並びの日々が続いていたのだがようやく落ち着いてきた模様。

その店舗は30πの沖スロを大量導入したのです。沖ドキはたまーに打つ事はあるが初めてハナハナ鳳凰を打ちました。

というのもかなり出ているのです。過去データから1列に2,3台は4000枚オーバーで7000枚なんてのも、2000枚クラスはワンちゃんどの台もあるかんじです。

昼過ぎに行ったのですが流石にまだ活気はあり空き台もチラホラ程度。

空いてるのおおはまりの台ばかりで出ている台のスランプグラフとはあからさまに違う。

狙いは中間設定あるであろう台の誤爆?というかスランプグラフでジグザグになってる下限で拾い上限で止める。朝一からではないので設定狙いは無理だから。


ちょうどいい台が空いた。

朝一から6連150gほどで引き戻しさらに4連。
一気に1500枚出ていてそこから400位の嵌まり2回で一気にマイナス域に···

この台B7R3で座った時の確率は170分の1位だが前半は圧倒的な確率で多分1/70位だと思います。低設定ならそのまま沈んでいくのだろうが中間以上でないと6連チャンからの4連もしないのではないか?と思い4位あるかな?って期待して打ち始める。220Gからスタートで投資6000円432Gで待望のチかり。

その後50G以内でBIGばかり6連、合計7回目のBIG終了後···

フリーズ!!!

恩恵はBIGだけ···

しかしその後ぶっ壊れたように連チャンが止まらない。

200G付近で引き戻しては4~7連を繰り返す。

気づけば合算確率1/98に!!!


恐るべし鳳凰。

因みに隣の台は朝から454R627Rで370Gまで回されてました。合算1/730ほどでした。

恐るべし鳳凰!!!





IMG_20190418_195958


投資6000円
回収85000円

79000円の勝ち




↑このページのトップヘ